『なでしこの自己発酵 生・黒にんにく』の【なでしこの自然食品】 

☆★ 秋の花粉症シーズン 到来 ★☆

投稿日:2014年10月03日(金)
☆★ 秋の花粉症シーズン 到来 ★☆

秋にも花粉症を発症する方が多いのはごぞんじでしたか?
「秋の花粉症」も要注意です。 一般的に花粉症というとスギ花粉・ヒノキ花粉といった春の季節(4月~5月)を連想する人が多いかと思いますが、原因となる花粉は50種類以上はあって、ブタクサ(豚草)、ヨモギ、カナムグラなどの雑草やイネ科の花粉(6月から8月)が飛ぶ「秋の花粉症」にも用心しなければいけません。
 花粉症というと、つらい鼻水に鼻づまり、目のかゆみ・・・。

少しでも症状を軽くするには、なんといっても、早めの対策が必要。
花粉症の辛さから身を守るためにも、なるべく体に入れないことが大切。
お出かけ時にはマスクや眼鏡をしたり、衣類や布団についた花粉をしっかり 落としたり…。
皆さん、実にさまざまな対策をとられているようです。 でも、考えてみてください。

同じように花粉を吸いこんでも、花粉症に「なる人」と「ならない人」がいます。

実はその違いを作るのは「免疫力」

もともと、私たち人間の体の中には、病原菌などから体を守る免疫機能が備わっています。
この機能がしっかり働く限り、心配ないのですが、この免疫機能に異常が生じると、「免疫細胞」が興奮。

その結果が、アレルギー症状となって現れてきます。 つまり「免疫力アップ」こそが、花粉症対策においては大事なんです。

免疫力をアップさせるには、腸内環境を正常化にする必要があります。黒にんにくに含まれる【S-アリルシステイン】はとても強力な抗酸化作用を持つため、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やし腸を整える作用があります。

もともと、生にんにくに生成する【アリシン】が、黒にんにくへと自己発酵させる事により【S-アリルシステイン】という新成分に変化します。
S-アリルシステインの強力な抗酸化作用で、整腸作用はもちろん、高血圧の改善・ガン予防・動脈硬化予防・心臓疾患の予防など色々な症状に有効的な優れた成分です。
免疫力をアップさせ、花粉症などのアレルギー物質を防ぐ強い粘膜を鍛えることが秘訣です!
免疫力

営業日カレンダー
  • 今月(2018年12月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    翌月(2019年1月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    (      発送業務休日)